音楽家の生活とは

音楽家の収入について

音楽家は競争が厳しい世界であり、多くの音楽家が、音楽家だけで生活していくだけの収入を得ている人は少ないのが実態です。この音楽家の収入には幅があり、年収10万円未満から億単位の年収まで様々で、年収が極めて低い音楽家は非常に多いと言われています。

事務所に所属する音楽家として、指揮者やピアニスト、ヴァイオリニスト等のソリストなどがあげられますが、この場合は、コンサートの出演料から、事務所の経費や源泉税を差し引いた額が音楽家の収入となります。海外のコンクールで入賞するような音楽家の場合には、1回当たり50万円程度と言われています。

また、オーケストラの団員などに所属する音楽家の場合には、年収400万円〜500万円が一般的といわれており、中には年収1000万円以上の音楽家もいるようです。

しかし、音楽事務所やオーケストラに所属できる音楽家はごく一部で、多くの音楽家は生計を立てるのは難しく、音楽講師や結婚式場やホテルなどで伴奏・演奏などの仕事をしている音楽家も多いようです。