音楽家の生活とは

現代音楽の音楽家について

西洋クラッシク音楽のなかで20世紀後半以降の音楽を現代音楽と呼びますが、あまり人気のある音楽ではないのが実態のようです。
この現代音楽は、1960年代までを前衛の時代と呼ばれ、代表的な音楽家として、エルヴィン・シュールホフ、アルフォンス・アレー, ディーター・シュネーベルなどが知られている。この現代音楽は、20世紀初頭より発展したジャズなどの影響を受け、ラベルやドビュッシーなどが代表的な音楽家と言えるでしょう。さらに、民族音楽の影響を大きく受けた新たな手法が生まれバルトークなどが代表的な音楽家といえます。
1970年代に入ると、新ロマン主義や新しい単純性などの過去の音楽への回帰をめざす傾向が強くなっていき、技法がさらに多様化していきました。中でも、クセナキス,ペンデレツキ,リゲティなどの音楽家によるクラスター技法やベリオによる引用などが代表的技法と言えるでしょう。
現代音楽の日本人音楽家である武満徹などは多くの作品を残しています。